TOPページ > コラム

どのホワイトニングにする?自分に合う方法を選ぶコツ

こんにちは。   堺市新金岡の「はやの歯科クリニック」です。     黄ばんでしまった歯を白くするためには、歯科医院でのホワイトニングがおすすめです。   その理由は、歯を白くする漂白成分が配合された薬剤を使用できるのが歯科医院だけだからです。     歯科医院で取り扱っているホワイトニングは、大きく分けて3種類。今回… 続きを読む

舌にできもの?考えられる病気について

こんにちは。   堺市新金岡の「はやの歯科クリニック」です。     舌はいつも、食べ物・唾液・歯などによる刺激やダメージを受けやすい状態にあります。   時には、傷やできものができてしまうこともあります。   痛みが炎症がある場合は、感染症の可能性があります。痛みがないのに治らない場合は、良性腫瘍や舌がんかもしれません。 &n… 続きを読む

歯が黄ばんできた!その原因と白くする方法

こんにちは。   堺市新金岡の「はやの歯科クリニック」です。     「歯の黄ばみが気になってきた。タバコも吸わないし、毎日ちゃんと歯を磨いているのに…なぜ?」   歯が黄ばむ原因は、喫煙の他にもいくつか考えられますが、残念ながら歯の黄ばみは、基本的に歯磨きでは落とせません。   そこで今回は歯の黄ばみの2つの原因と、歯の黄ばみ… 続きを読む

セラミック治療が人気なのは、なぜ?10の理由

こんにちは。   堺市新金岡の「はやの歯科クリニック」です。     白い歯が輝く笑顔は、人々に好印象を与えます。   セラミック治療は、そんな美しい笑顔の味方。近頃では、銀歯をセラミックの白い歯に替えたり、前歯の歯並びの悪さをセラミック治療で改善したりする方が増えています。   今回は、セラミック治療が人気を集めている理由やメ… 続きを読む

保険診療でも白い歯にできるって本当?

こんにちは。   はやの歯科クリニックです。     近頃、歯の詰め物・被せ物に、銀歯ではなく「白い歯」を選ぶ方が増えています。   金属アレルギーやむし歯の再発の不安といった健康リスクが明らかになってきたため、銀歯を禁止している国もあるほどです。   こうした流れの後押しもあり、2020年4月から保険で入れられる「白い歯」の範… 続きを読む

日本人だけ?「銀歯」を入れたままにしているリスク

こんにちは。   はやの歯科クリニックです。     近頃、「銀歯」を白い歯に入れ替える方が増えています。   銀歯は大きく口を開けて笑った時に目立つため、セラミックの自然なツヤがある歯に人気が集まっています。   気を付けたいのは、銀歯の問題は見た目に関することだけではない、ということ。銀歯は、銀・パラジウム・銅・銀などからで… 続きを読む

口元のコンプレックスを解消!セラミック治療で輝く笑顔に

こんにちは。   はやの歯科クリニックです。     前歯の黄ばみや歪みが気になっているなら、「セラミック治療」はいかがでしょうか?   透明感があって美しいセラミックは、本物の歯と並べても自然に見える優れた素材です。   セラミックは歯の治療の際、被せ物として使われますが、美しい口元をつくる審美歯科の分野でも人気です。 &nb… 続きを読む

「親知らず」は抜いたほうがいい?

こんにちは。   はやの歯科クリニックです。     「親知らず」が生えてきたら、必ず抜くものと考えていませんか?   実は、そんなことはありません。勘違いが起こりやすい原因は、「親知らず」がお口のトラブルメーカーになりやすいからです。   そこで今回は、「親知らず」を抜いたほうがいいケース、抜かなくてもいいケースについてお伝え… 続きを読む

野菜ジュースでむし歯!?むし歯になりにくいおやつ

こんにちは。   はやの歯科クリニックです。     小さいお子さんの歯は弱いので、甘いお菓子を食べていなくても飲み物が原因でむし歯になることがあります。   例えば、野菜ジュースや乳酸菌飲料、スポーツドリンクなどはカロリーオフだから歯にも悪くないだろうと水の代わりに飲ませているというケース。   でも、ちょっと待ってください。… 続きを読む

子どものむし歯予防におすすめ!~フッ素塗布、シーラント~

こんにちは。   はやの歯科クリニックです。     子どものむし歯予防にはフッ素がおすすめ、と聞いたことはありませんか?   通称「フッ素」と呼ばれている「フッ化物」は、世界中の歯科学会や専門機関でむし歯の予防効果があると認められています。   そのため、市販されているほとんどの歯磨き剤には、フッ素(フッ化物)が配合されていま… 続きを読む
1 2