TOPページ > コラム

子どもが虫歯になりやすい理由をご存知ですか?

皆さんこんにちは。

はやの歯科クリニックです。

 

子どもが大人よりもむし歯になりやすいことは有名ですが、その理由まできちんと理解している人は少ないです。

 

そこで今回は子どもがむし歯になりやすい理由をわかりやすく解説します。

 

「乳歯」は未成熟な歯

子どもの歯である乳歯は、永久歯と比べるといくつかの点で未成熟といえます。

 

まず、歯の表面を覆っているエナメル質がやわらかく、目に見えない穴がたくさん開いています。

 

そのため、酸性の刺激によって溶けやすくなっているのです。

 

また、乳歯のエナメル質と象牙質は永久歯の半分の厚みしかない点も未成熟であるといえるでしょう。

 

子どもは歯並び・かみ合わせが安定しない

子どもの歯は、生後8ヶ月くらいから生え始め、3歳頃に生えそろいます。

 

そして6歳頃には永久歯への交換が始まり、12歳になってようやく歯列が完成します。

 

ですから、乳幼児期から学童期にかけては、歯並び・かみ合わせが不安定となる時期が長く、お口に汚れがたまりやすい傾向にあるのです。

 

これもまた子どもがむし歯になりやすい理由のひとつといえます。

 

子どもをむし歯菌から守る方法

子どものむし歯は、予防処置などを積極的に受けることでそのリスクを大きく減少させることが可能となります。

 

具体的には、クリーニング(PMTC)やフッ素塗布、定期検診などですね。

 

歯医者さんが怖い、というお子さまも当院なら安心ですよ。

 

はやの歯科クリニックの副院長は女性の歯医者さんですので、お子さまも怖がらずに治療を受けることができます

 

子育ての経験もありますので、子どもの発育に関して不安なことがあれば、何でもお気軽にご相談ください。

 

お子さまも快適に過ごせる歯医者さん

はやの歯科クリニックの治療ユニットには、すぐ横にキッズルームが完備されておりますので、親御さまの治療中も待ち時間を楽しく過ごすことができます。

 

お子さまの治療をするお部屋は、花柄の壁がとても華やかで楽しい雰囲気のピンクチェアーの部屋です。

 

他院で歯科治療が怖くなってしまったお子さまでも、当院でなら笑顔でお口を開いてくれることでしょう。

 

まとめ

このように、子どもはいくつかの理由でむし歯になりやすいので、積極的に予防していくことが大切です。

 

新金岡駅 徒歩5分の「はやの歯科クリニック」なら、予防のための歯医者さん通いも苦になりませんよ。