TOPページ > 衛生管理について

徹底した衛生管理お子様の治療の事なら・お子様がいるお母様の治療の事なら

衛生管理について

はやの歯科の滅菌対策

取り皿が汚れている、机の上が汚い、べとべとするなどの不快なことが。
確かにそのようなことがあれば誰でも嫌な気持ちになるし、もう2度とそのお店には行かない様になるかもしれません。
食べ物屋さんであればある程度お客さんが気づくことができると思います。

しかし、歯科ではどうでしょう。目を閉じているし見えないところ(お口の中)に器具を使います。みなさんは気づけるでしょうか?
衛生管理が行き届いていない歯医者ではいつのまにか危ないことにになっているかもしれません・ましてや歯科治療において唾液血液といったものにさらされるということです。
レストランでの汚ならしいといったレベルではありません。血液や唾液を扱うということは大変危険であるということを認識していただきたいと思います。

では、なんで危険なんでしょう。歯科医院の治療では医療に使う機器から紙コップまで使われています。それらが消毒や滅菌がされていなかったら食べ物屋さんの汚れなんかよりはるかに危険なことです。血液や唾液からの菌やウィルスによる感染するといったことが最も恐ろしいことだと思っています。B型肝炎ウィルス、エイズウィルス、C型肝炎ウィルスなどに感染するといったことを 聞いたことがあるのではないでしょうか。これらに感染すると重篤な症状が出現し生死にかかわることも多くあります。皆さんが知らないうちに感染している可能性もあるということです。 もちろん誰だってそのような感染をしたくない、でもどうしたらいいんだろうと悩むと思います。

安心してください。当医院では自分や家族が受けたいと思う安全、安心な治療を目指して歯科医院を築いてきました。
当医院での滅菌、殺菌、消毒について徹底して行っております

でははやの歯科ではどのように衛生管理をしているかお話をさせてください。

滅菌について

その前に滅菌について説明します。滅菌とはすべての菌やウィルスを死滅させること、取り除くことです。
もし、滅菌が不十分だったり、滅菌がされていなかったら、菌やウィルスが残っていることになります。
そうしたら感染を起こす可能性があるということです。
当医院ではもちろん感染を起こさないように滅菌を徹底しています。
でもただ滅菌すればいいというわけではありません。滅菌をいかに100%するにはその前の前準備がとても重要になってきます。お口に入る器具をただなんとなく滅菌している歯科医院と前準備をしている歯科医院では滅菌の質が全然違います。
前者の滅菌はもしかしたら部分的に滅菌がされていないところがあると思われます。
では何が大事なのでしょう。答えは簡単。滅菌前の洗浄が徹底的に行われているかで滅菌の質が決まってきます。このようにしてきっちりとした滅菌ができているのです。

当医院での滅菌までのながれについて

まずは口腔内に入るものはどんなものでも安全で衛生的であるものが1番重要だと私は考えております。
どれだけ上手な治療をしていても滅菌や消毒がおろそかではいけないと思っています。滅菌や衛生管理は治療うんぬんよりまず根底にあるものであり、その後に良い治療、先生のやさしさや誠実さ、歯科医院の雰囲気等が順位づけられます。

特に汚れが多いもの(外科器具等)は当歯科ではまず流水下で手洗いをいたします。
これにより大方の汚れを落とします。でもこれだけでは全然足りません。

汚れ等を落としやすくしたり血液の分解を促します。

大病院や外科・手術室などで使われている高性能洗浄を当医院では開業当時から設置しています。近畿地方で1番最初にミーレを設置したのも当医院です。
近畿地方で最初にミーレを設置したことからわかるようにそれだけ衛生面に気を使っているということがお分かりになるかと思います。
ミーレのすごさは大量の水(96度のお湯)と専用の洗浄液にて多くの器具を洗浄・乾燥してくれるということ、また、しっかりと汚れを落としてから除菌処理を行うのでより安全・安心です。この96度のお湯と高温乾燥により菌の消毒・殺菌、ウィルスの不活化をします。この時点でほとんどの菌は死滅しているかと思われます。
しかし、まだこれだけでは不十分。まだ生きているウィルスや菌が存在いたします。

患者さん1人分ごとの専用パックにいれて滅菌をします。
パックは患者さんの目の前で開封するようにしてます。
これで滅菌が完了となります。
ここまでの工程を得てはじめて患者さんの口腔内に入ったり触れたり致します。

当医院ではこのような流れで滅菌しているのですがすべてがこれに当てはまるわけではありません。
例えば、手袋やコップなどはすべてディスポーザルにておこなっております。使い捨てなので安心・安全です。
滅菌や衛生面を強化するにはこれだけのことが最低限必要と思っています。皆さんはどれだけこのことを知っていたでしょうか。
また、自分が通っている歯科医院はどこまで力をいれているでしょうか。
衛生管理を徹底するには大変な労力とコストがかかります。 中にはミーレや滅菌機にかけることで数回で使用ができなくなる器具がたくさんあります。
医院の経営や利益の事を考えたらここまで念入りに衛生管理を行う医院は少ないかと思います。しかし、当医院ではどれだけ労力とコストがかかろうともおろそかにしないこと心がけています。
なぜなら、はやの歯科クリニックは「家族と思って治療にあたる」という理念のもと開業しているからです。
家族に汚い器具を使う人がいるでしょうか?いませんよね。

私が歯科医師になってから考え方はかわっておりません。
これからも当医院に来院される皆様は安心して治療を受けていただきたいと思います。
地域の皆様によりよい治療をお届けする様に様々な取り組みをしています。
これからも何卒よろしくお願いいたします。